空気の乾燥による住宅火災増加

最近、住宅火災のニュースを頻繁に見ます。
空気の乾燥による住宅火災増加と判断できます。

5日深夜に福島県郡山市で住宅が全焼して4人の遺体を発見した。
4日深夜に奈良県田原本町で民家が全焼して2人の遺体を発見した。
3日午前2時に青森県八戸市で自宅兼作業場全焼して2人が遺体を発見した。
3日未明に新潟県新潟市で住宅が全焼して複数の遺体を発見した。

それぞれ、原因は不明ですが空気が乾燥していることで、
木材の水分が失われ、またカーテーンなども乾燥していることから
一度、失火・出火すると、即座に燃え上がり全焼に繋がることが特徴です。

冬は暖房器具を使用しており、その暖房器具近くの洗濯物に引火する例も見受けられます。

また、電気製品の多用によるコンセントのタコ足配線、コンセントのホコリへの引火も原因の一つです。

共通点として、高齢者の住民がお無くなられていることです。


火災予防
・コンセントの再点検・・・タコ足配線の解消とホコリの除去

・ストーブの使用場所の変更・・・部屋の中央へ、カーテーンや洗濯物から遠ざける

・寝たばこ、焚火などの後始末

死亡事故防止
・火災報知器の再点検・・・寝室および寝室がある階の階段


掲載商品30000点!
家電製品、食料品、日用品他、高級趣味娯楽用品にも取組んでいます。
東証一部上場アークランドサカモト株式会社です。
配送は安心確実な「ヤマト運輸」しかも送料は全国一律540円(税込)
メールホルダー者も多い当店の宣伝をお願い致します。







火災保険の再点検
・火災保険には「新価、時価、債務保証」の3つのタイプがあります。
 新価とは再取得価格とも言われ、古い住宅でも新築に建て替えることができる補償
 時価とは原価償却分を差し引いた補償
 債務保証とはローンの残高に対する補償






リ ン ク 集