偏平足

偏平足 解消のためのアーチサポートソックスをご紹介します。
偏平足は特に痛むわけではないので、放置しがちですが、膝や腰に影響することもあります。
早期改善が必要です。

手軽に改善できる方法が

赤ちゃん特有のふくふくのあんよには土踏まずがない状態になっています。
このような土踏まずが無い状態が偏平足で、「先天性偏平足」と言います。
先天性偏平足は成長と共に足裏の脂肪が無くなっていき、自然と解消されるものですが一部の人はそのまま偏平足が残ってしまうことがあるのです。

本来の足は、アーチ構造があるため上から掛かる自分の体重を完全に支えることが出来ます。
偏平足の場合このアーチ構造がほとんどないため足に掛かる力を完全に支えられないため、足に掛かる力は膝や腰に分散してしまうのです。
その為、偏平足の人は歩き方がぎこちなく十分な運動能力を発揮できなくなってしまい、更には膝や腰に負担が掛かり障害に発展することがあります。

扁平足を治すには、足の筋肉をつける必要があります。

足の裏の筋肉をつける方法として、
①足指じゃんけん
 足の指でグー、チョキ、パーを繰り返しましょう。

②タオルの手繰り寄せ
 椅子にすわり、足の下のタオルを敷き、指の曲げ伸ばしでタオルを手繰り寄せる方法です。

③足でビー玉を掴む運動
 お皿に入れたビー玉を足の指だけを使って1個ずつ別の皿に移し替えるという工程を行います。


最も楽な方法はアーチサポートソックスを履くことです。

 


 






リ ン ク 集