子供の習い事

 
入学式ならびに始業式も終え、いよいよ本格的な新たな学業が始まります。
親御様にとって、お子様の成長は大変気になることです。
這えば立て、立てば歩めの親心と言います。

そこでお子様の成長を願い、どの様な習い事をさせれば将来に役に立つのだろうかとお悩みの方、

有名な話ですが、「3、4歳の時期に適切な教育を受けなかった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになる」と、科学雑誌に記載がありました。

近年では子どもを取り巻く将来の不安が広がっており、これからの人材には、単なる学力ではなく、異なる価値観や文化をもつ人とのコミュニケーション力や、チームで活動する人間力、そして将来像を描ける想像力・企画力、そしていま何をするかを考えて行動する力が求められています。

「文字の読み書き」よりも「コミュニケーション力」や「考える力」を!

幼児期に文字の読み書きができれば、親の満足度は高まるでしょうが、小学校1年生から読み書きを習い始めたとしても、誰もが普通に読み書きができるようになることを考えると、「文字の読み書き」の幼児教育の効果は限定的です。

小学校低学年までは学校の授業についていけても、高学年から学習が遅れる児童が多いのですが、その原因は二つ挙げられます。

一つ目は、語彙力の不足
語彙力が不足していると、授業で聞く言葉の意味をイメージできないため、授業の内容を理解できなくなるのです。

二つ目は、考える力の不足
小学校高学年になると、文章題など考える問題が増えてきます。考える力や経験が不足していると、難問を目の当たりにすると、解こうという気持ちが萎えてしまうのです。

コミュニケーションの土台となる語彙力や考える力は、親子の会話のやりとりを通じて、子ども自身が考えて判断する経験を通して豊かになります。

こんな商品が子供の考えるチカラを楽しみながら養うことができるかもしれません。

いま注目のプログラミングをご家庭で! レゴ ロボットで学ぶアフレル


2020年から小学校で必修化となるプログラミングを、ご家庭で楽しく学ぶことができる、
レゴ(R)ロボットの教材セットです。
ロボットを組み立て、実際に動かすことで、ものづくりとプログラムの基本を学ぶことができます。
トライ& エラーを繰り返す中で、思考力や問題解決力といった、これからの社会で必要とされる力が身につきます。
5歳~  レゴ(R)WeDo2.0 for home by アフレル
10歳~ 教育版レゴ(R)マインドストーム(R)EV3 for home by アフレル







リ ン ク 集