腰痛予防 ストレッチポール

腰痛の85%は、病院でも原因がはっきりしません。

MRIなどで患部を見ても、何が原因で痛みを引き起こしているかが分からないからです。

このような場合、処方されるのは痛み止めの飲み薬か軟膏、さらに湿布、 そして「可能な限り運動してください」というアドバイスが一般的です。


腰痛体操を教えられる場合もあるかと思います。
病院には行ったけどもなんとなくスッキリしませんよね。

このようなハッキリ&スッキリしない腰痛を「慢性腰痛」または「腰痛症」といいます。ぎっくり腰の多くもこの一種です。

そのような腰痛を抱える方や、何度も再発する方のために、このブログでは慢性腰痛予防をご紹介します。


腰痛予防に関係する主な腰回りの筋肉は、

・脊柱起立筋・腹斜筋・腰方形筋・梨状筋・大殿筋・ハムストリング です。

これらの筋肉のコリや衰えが、腰回りの関節に負担をかけたり、その結果、ゆがみや炎症を引き起こしていたり、衝撃から守れなかったり、正常な機能が働かないようにして痛みを生じさせています。
ストレッチや簡単な運動を日頃から行うことで、慢性腰痛を予防できます。

が、脊柱起立筋・腹斜筋・腰方形筋・梨状筋・大殿筋・ハムストリング、これらの筋肉を鍛えろ!と言われても、そう簡単には鍛えられません。

そこで便利なのが、ストレッチポールです。


ストレッチポールを使用して、効率的・効果的に必要な筋肉を鍛えて、腰回りの関節にかかっていた負担を軽減したり、腰の歪み改善に取り組みましょう。




ストレッチポールの効果

確かな実績と数多くの研究によって、実証されている効果が望めます。

ストレッチポールのエクササイズによって、10分間で様々な雅変化が確認できます。
・骨格や筋肉といった身体状態の変化
・継続することで日常の変化
など、様々です。


①筋肉が緩む
ストレッチポールに寝て、ゆっくり呼吸することで、胸や肩、太ももなどの緊張しやすい筋肉がストレッチされます。


②背骨が整う
日常生活の中で、前屈み、足を組みねじれ、カバンを持ち偏りなどの背骨を正常なS字カーブに整えます。


➂呼吸が深くなる
鋤骨が開きやすくなり、呼吸が深くなり十分な空気が取り入れられリラックス効果が増します。


④副交感神経優位になる
ストレッチポールは円柱形のため、わずかな揺らぎ得られ、筋肉を緩め、呼吸が容易になり副交感神経優位になります。


プロフェッショナルも使用

アスリートから、医療・介護ヨガピラティ、学生、子供、高齢者まで使用されています。


◆使用法はDVD付きなので、直ぐにご使用いただけます

◆万一、故障などの場合は1年間保証付き

◆価格9,180円(税込)送料無料

◆お求めはRakutenより





関連サイト▶健康カテゴリー





リ ン ク 集